ロータスグリル 欠点

ロータスグリルの欠点

ロータスグリル

とても人気があって品薄で手に入りにくくなっているロータスグリルですが、欠点はあるのでしょうか。やはり、どんな商品でも完璧というものは普通はありません。デメリットと思われるポイントをチェックしてみましょう。

 

ロータスグリルのデメリット

 

大人数には不向き

見た目からもわかりますが、大人4人程度が適当な人数です。こじんまりとバーベキューをやりたい人や、二人バーベキューには最適かもしれませんが。

 

炭の補充が必要

炭を入れる量が限られているので、長時間バーベキューをする場合、途中で炭を足さなければなりません。炭の質にもよりますが1時間半から2時間ぐらいで火力が弱くなってくるようです。

 

消耗品の交換が必要

ロータスグリルの煙が出ないのは専用のチャコールコンテナーという炭を入れる容器のおかげ。でもこれはロータスグリル独自の消耗部品のため、15回から20回ぐらい使うと交換が必要です。

 

デメリットとしてはこれぐらいですが、ロータスグリルの価格はちょっと高いとおもわれるかもしれません。これも欠点かどうか人によって意見が分かれるところだと思いますが、購入する時に躊躇するポイントかもしれません。

 

でも、それ以上にロータスグリルにはメリットがたくさんありますので、これからの季節にはやはり大人気で、今売れているようです。

 

 

 

>>>ロータスグリルの口コミ